不妊克服子宝成就TOP ≫  不妊症 子宝

不妊症 子宝

スポンサードリンク

不妊と年齢の関係について

不妊と年齢の関係について


齢になると妊娠しにくくなるといいますが、

そもそも不妊と高齢にはどういう関係があるのでしょうか。


高齢出産とは35歳以上をいいますが、35歳を過ぎると突然不妊になるわけではありませんよね。

晩婚化が進む昨今では、高齢出産もめずらしくありませんし、

多くの場合は無事に元気な赤ちゃんが産まれています。

「そうそう、わたしも周りにもたくさんいますよ。」


では、高齢と不妊が全く関係ないのかというと、そうともいい切れません。

年齢が上がるにつれて、卵巣の機能は衰える傾向にあるといわれています。

それに合わせて卵子も老化していくようです。


なので、健康で充分な大きさの卵子を排出出来なかったりするのです。

また、受精してもうまく着床出来ない場合もあります。


それに、年齢が上がると子宮筋腫やポリープなどの婦人科的な病気も多くなります。

ホルモンの量の低下なども理由の一つでしょう。

30歳を過ぎた頃から妊娠するための機能が着実に低下していくといわれています。


「30歳が曲がり角ってわけなのかな?なにごとに対しても・・・」


以上のようなことが不妊に繋がることにもなるのです。


年齢を重ねるにつれて、冷えに悩まされる女性も増えていく傾向にありますが、

血流が悪くなることも不妊に繋がります。


さらに、40歳以上のお母さんの流産率は、

20代のお母さんに比べると、

2〜3倍は増えるといわれています。

しかも、妊娠中毒症になる可能性も20代に比べると2倍に増えるそうです。

人それぞれのタイミングがあるとは思いますが、

なるべく若いうちに妊娠・出産をした方がいいかもしれませんね。

不妊と食生活の関係について

不妊と食生活の関係?

妊と食生活って関係あるのでしょうか?

実際にはかなり関係があると思われます。

長い間、間違った食生活を送っていると、

妊娠する力が低下してしまうというのです。

「ええ、そうなの?でも、特別偏食してるってことはないと思うんだけど・・・」


無理なダイエットを続けて、生理が止まったという話を聞きませんか?

これは食生活が大きく影響していることになりますよね。

体に十分な栄養が届いていないのです。

生理がなければ、妊娠する可能性はほとんどありません。

また、栄養の偏りによるホルモンバランスの乱れも問題です。

生理不順や卵巣機能不全を引き起こす原因になります。

不妊治療を行う前に、まず食生活を見直すことから始めてみましょう。

「そうなのね、規則正しい食事と生活をすることが肝心なのか〜」


検査をして、もしもホルモンバランスが乱れていれば、

足りないホルモンを補充してあげなければなりません。

また、最近では低体温の女性も増えてきています。

体を冷やすものをたくさん食べ過ぎると、低体温になり、

免疫力や代謝機能に問題が出てきます。


子宮や卵巣の血流も悪くなってしまいます。

よって、機能も低下することでしょう。


妊娠を望んでいる女性で、食生活に乱れがあると思うのであれば、

ぜひ食生活の改善から始めてみましょう。


妊娠したら、赤ちゃんのためにも健康的な食生活を送らなければなりません。

赤ちゃんはお母さんから栄養をとっていますし、

妊娠生活を送る上でも免疫力は上げておきたいところです。

不妊に対してだけでなく、健康な赤ちゃんを産むためにも、

バランスの良い正しい食生活に改善していきましょう。

「そうですね、やはり毎日の食事は大事なんですよね。」

タイミング法ってどんなの?

イミング法ってどんなの?

なかなか妊娠しないという方は、

まず、タイミング法を試してみる必要があるでしょう。

「ええ、なにそのタイミング法って?」


自然妊娠が十分に可能であるのに、妊娠しないケースでは、

タイミングさえ合えば、妊娠する可能性が高いです。


不妊治療の最初の治療としてもタイミング法が最も一般的な治療法になります。

医師から排卵の時期とセックスのタイミングを指導されるのです。

保険適応になっていますし、経済的にも精神的にも負担が少なくて済みます。


「なあんだ、それなら気軽に病院に行けるとおもうね♪」

そして、タイミング法を行うためには、

一番妊娠しやすい日を調べることが不可欠です。


必ず基礎体温を付けて、正確な生理周期を知る必要があります。

それに、妊娠の成り立ちについて知っておかなくてはなりません。


簡単に出来そうな妊娠ですが、実はなかなか難しいものなのです。

基礎体温を測っても、正確な排卵日を知ることが出来なければ、

何にもなりません。


低温期から高温期に移行する時期が排卵が最も起きやすいと言われています。

卵子の寿命は一日しかありませんから、

排卵日を間違えると妊娠が困難になってしまうでしょう。


「ふ〜ん、そうかあ。正確に調べる必要があるわけね。」


また、婦人科では経膣超音波を使って、排卵日を特定することができます。

超音波で卵胞の大きさを計測し、排卵が起こる日にちを推測するのです。

排卵日が特定できたら、排卵日に合わせてセックスをします。


排卵日を手軽に特定する方法としては、排卵日チェック薬なども売られています。

婦人科を受診する前に、そういったものを利用して排卵日を特定し、

自分でタイミング法を試してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。