不妊克服子宝成就TOP ≫  不妊症 子宝

不妊症 子宝

スポンサードリンク

不妊症の原因について

不妊症の原因について


妊症とは、

正常な夫婦生活があるにもかかわらず、

2年以内に妊娠しない状態をいいます。


不妊症の原因が常に女性側にあるとは限りません。

当然ですが、男性側に問題のある場合もあります。

統計的には、女性側に原因がある場合が5割、

男性側の場合が3割といわれていますね。


その他、原因のはっきりしないものも2割程度あります。


男性側が原因の場合は、精子に問題があるケースがほとんどです。

精子の数が少ない、精子がない、精子の元気がないなどがあげられます、

病院で精液検査をしてもらえばすぐにわかるでしょう。


女性が原因の場合はいろいろなことが考えられますので、

原因を特定するには、一つずつ調べていかなければなりません。


女性側に原因がある場合には、次のようなケースがあげられます。



排卵障害:きちんと排卵が出来ていない状態です。
     無月経の場合もあり。


卵管因子:何らかの原因で卵管が詰まってしまったり、
     周りに癒着が起こったりしていて、妊娠が成立しない状態です。

子宮因子:子宮内部に何らかの異常があり、妊娠が成立しにくい状態をいいます。
     子宮筋腫やポリープ、子宮奇形などがあげられます。

子宮内膜症:子宮の内膜に何らかの異常がみられる状態をいいます。
      女性不妊の原因として比較的大きな割合を占めていて、
      年々増加傾向にあるようです。

また、原因が一つだけでなく、いくつかの原因が重なって不妊となっていることもあります。


不妊の治療を行う際には、これらの原因を特定して、

それにあった治療を行うことになります。

不妊治療の検査のやり方?

不妊治療の検査のやり方?


れから不妊治療を受けようと思っている方は、

一体どんなことをするのか不安だと思います。

不妊の検査にはどんなものがあるのでしょうか?

一般的な場合を、シュミレーションしてみましょう。



まず、産婦人科に行った場合、問診票に記入します。

婦人科の問診票は、口ではとても言えないようなことを記入するようになっています。

正直に記入しましょう。

それから、診察や内診に入ります。

不妊治療で婦人科にかかる場合は前もって基礎体温を付けるようにした方がいいです。

付けていなくても、付けるように指導されます。

検査の内容は個々によって違うとは思いますが、次のような検査があります。


●経膣超音波検査・・・子宮の状態をみます。
●膣分泌物検査・・・感染の有無を調べます。
●ホルモン検査・・・血液を採取し、エストロゲンやプロラクチン、
 プロゲステロンなどの検査を行います。
●抗クラミジア抗体検査・・・過去にクラミジアにかかったことがあるかどうかを調べます。
●子宮頸管粘液検査・・・おりものの状態をみます。
●子宮卵管造影検査・・・子宮や卵管の状態をみる検査ですが、卵管の通過具合も調べます。
●卵管通気・通水検査・・・卵管が詰まっていないかを調べます。
●子宮内膜組織検査・・・内膜の一部を採取し、異常がないか調べます。
●抗精子抗体検査・・・精子に対する抗体が出来ていないかを調べます。
●ヒューナーテスト・・・性交後の精子の進入具合を調べる検査です。
●精液検査・・・男性不妊が疑われる場合に実施します。
 精子の数や、運動量などをみます。


以上が一般的な検査です。

場合によっては、他に精密検査をするばあいもあるようです。

かなり大変な検査になりますね。

不妊治療にかかる費用は?

不妊治療にかかる費用は?


妊治療は基本的に保険適応外です。

なので、受ける検査や治療は、基本的に自己負担になります。

「ええ〜!それじゃ大変だわ〜!」


妊娠・出産をするために、数百万使った・・・なんて話も聞きますよね。


そして、自費検査であるということは、

かかる病院によっても費用が変わってくるということになります。


基本的な検査や診療にかかる費用を調べてみました。


血液検査に関しては、
項目にもよりますが、1万円以下ですむようです。

タイミング法・・・保険適応になります。

これに関しては、どこの医療機関でも同一の料金になります。


人工授精・・・1万〜3万程度が多いです。

体外受精・・・30万くらいが多いようです。

2回目は1回目より安くなることが多いです。

3回目になるとさらに安くなることが多いです。

顕微受精・・・40万くらいが多いようです。

体外受精と同じく、回数を重ねれば少しずつ安くなることが多いです。

また、受精卵を凍結保存するにも10万円ほどかかるようです。


「こうしてみると、赤ちゃんを産むのって大変なことなんですね。」


不妊治療は、回数を重ねれば、重ねるほど、その費用は膨大になっていきます。

夫婦の金銭的負担は大きいです。

この費用の負担が苦しくて、妊娠をあきらめる夫婦もいることでしょう。


お金を貯めてから、またチャレンジするなんてことばも聞いたことがあります。


ただ、最近では、不妊治療に対して助成金が出るようになりました。

所得制限もありますし、地方自治体によっても違いますが、

子供を授かりたい方の強い味方と言えるでしょう。


助成金の申請を検討する場合、

まずは、お住まいの役所のホームページで助成内容を確認する必要があります。

スポンサードリンク
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。