不妊克服子宝成就TOP ≫  体外受精

体外受精

スポンサードリンク

体外受精の安全性とリスクについて

ご訪問ありがとうございます。

不妊に悩むご夫婦もいらっしゃいますね。

不妊に関する情報をお伝えしています。


今回は、体外受精にリスクはあるの?
ということで、お送りしましょう。


体外受精をお考えのご夫婦もいらっしゃるかと思いますが、
体外受精に関することで、誰しも不安に思うのは、
費用の面はもちろんですが、安全なのか?リスクはないのか?
ということだろうと、思います。


体外受精の安全性、リスクの面で調べてみました。


体外受精は、1978年にイギリスで世界最初の、
体外受精によって、妊娠が成功しました。

続いて、日本では、
1985年に初めて、体外受精に成功することができたのです。


体外受精の歴史は、まだ30年足らずのことですから、
安全性が100パーセント確認されているわけではないのです。



そして、リスクという点については、
「多胎妊娠」が一番大きなリスクでしょう。


妊娠の可能性を少しでも高めようとして、
受精卵を多く子宮に戻してしまうことが、原因なのです。

しかし、こうしたリスクがあるからと、
子宮に戻す受精卵の個数を減らしてしまうと、
妊娠の確立が低くなってしまうのです。


こうした多胎妊娠のリスクについては、
医師とも良く相談することが、大事になってくるでしょう。


体外受精のリスクとしては、このほかにも、
卵巣過剰刺激症候群、子宮外妊娠というように、
母体への負担があります。

そして、体外受精は自然妊娠に比べると、
流産の確立が、少し高いと言われていますね。


しかし、実際問題として、
体外受精を行う方は、妊娠しにくい体質であったり、
高齢出産だとか、何らかの問題を抱えているケースが多いですよね。

ですから、統計としてこうした結果がでてしまう、
ということも、考えられるわけです。


体外受精を検討なさるのであれば、
確率だけではなく、安全性やリスクに関しても、
医師と良く相談して、夫婦間でも慎重に話し合う必要があるでしょう。


最後まで、ありがとうございました。

体外受精と人工授精の違いは?

いつもありがとうございます。

子供が欲しいと思っても、子供ができない。

そういった悩みをお持ちの、ご夫婦もいらっしゃいます。

そうした、不妊に関する情報をお伝えしています。

今回は、体外受精と人工授精について、
お送りしていきましょう。


ところで、体外受精と人工授精に違いって、
お分かりになりますか?

よくわからない、という方が大半ではないでしょうか。


では、体外受精についてお話しましょう。

体外受精は、女性の体外で受精させる不妊治療法になります。

かつては、試験管ベイビーともいわれていましたが、
耳にしたことがある方も、いらっしゃると思います。


この体外受精というのは、
女性の卵巣から採った卵子を、
男性の精子を取り出して、専用の容器で受精させるものです。

その後、受精が確認されたら、
女性の子宮内に戻して、子宮に着床するのを待つのです。


こうした、体外受精を希望される方は、
両方の卵管が閉塞しているとか
乏精子症、精子無力症などといった、主に精子に原因がある、
不妊症のケースが、多いようです。




人工授精に関して、お話しましょう。


人工授精に関しては、
男性の体から取り出した精子を、
カテーテルで女性の子宮に直接注入し、
妊娠させる不妊治療法、になります。


この、人工授精には二種類あります。

夫の精子を使って行う人工授精。「配偶者間人工授精(AIH)」と、
他人の精子を使って行う人工授精、「非配偶者間人工授精(AID)」
の、二通りです。


このうち、非配偶者間人工授精を選択するケースは、
夫の無精子症などが原因で起こる、不妊症の場合です。


人工授精を選択するケースとしては、
男性の精子が少ないとか、タイミング療法がうまくいかない、
といった場合に、多いのです。


この人工授精で妊娠する可能性としては、
4回以内に妊娠する確率は、90%を越えます。

これを、目安として考えるといいでしょう。


この人工授精で妊娠できなかったときに、
体外受精という、次のステップに移るケースが多いようです。


以上、体外受精と人工授精について、
お送りしました。


最後まで、ありがとうございました。

体外受精にかかる費用について

ご訪問ありがとうございます。

不妊ということについて、お伝えしています。


今回は、体外受精にいくらくらい費用がかかるのか、
ということで、お伝えします。

経済的な理由で、体外受精をすることができない夫婦がいるということなんですが、
こうした現実が、あるんですね。


体外受精には費用がかかる、といわれていますが、
具体的に、どのくらい費用が必要なんでしょうか。


体外受精は、自由診療なので健康保険が適用されません。

高度生殖治療に含まれていますから、全額自己負担になってしまいます。

それと、自由診療ですから、
料金が一定していません。

大学病院とか不妊専門のクリニックや病院により、
料金を自由に設定できることに、なっています。


ですから、選ぶ病院やクリニックによって、
費用が違ってくる、ということですね。


体外受精にかかる平均的な費用としては、
一回につき30〜50万程度かかる、といわれています。


この両者では、かなりの開きがあります。

しかも、これだけ費用をかけたとしても、
必ず妊娠するという保障はないのです。



一回で妊娠できなかったら、もう一度となったら、
また30〜50万円の出費になりますね。


こうしたことがありますから、子供が欲しいと思っていても、
体外受精に踏み切ることができない、夫婦がいるのも当然だといえるでしょうね。

体外受精は、費用の面でかなりの負担がかかりますし、
女性の体の負担も大きくなります。


どうしても体外受精で子供が欲しい、
というのであれば、資金の計画はきちんと立ててから、
踏み切ることが大切ですね。


国でも、不妊治療助成金制度を設けています。
利用するには、さまざまな条件をクリアしなければなりませんが、
こうしたことも、利用することを考えた方がいいでしょうね。



最後まで、ありがとうございました。
スポンサードリンク
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。