不妊克服子宝成就TOP ≫  人工授精 ≫  人工授精って具体的どうするの?

人工授精って具体的どうするの?

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

子供が欲しくても子供ができない、
と言う悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。


そうした、不妊に関する情報をお伝えしています。


今回は、人工授精にスポットを当てて、
人工授精の流れについて、お伝えしていきましょう。


婦人科に不妊治療で受診して、
人工授精を受けたい、としても、
すぐに人工授精を受けられるかといえば、それはそうではありません。


不妊治療の第一は、不妊の原因を突き止める検査です。


まずは、女性の側から検査を開始します。

そして、女性の側に問題がなさそうな場合に、
男性側の検査に移ります。


不妊治療の始めは、あくまでも自然妊娠を目指すことです。


そのためには、タイミング法を一定期間続けてもらって、
それで、効果の出ない人や男女どちらかに不妊の原因が見つかったとしたら、
その内容によりますが、人工授精や体外受精を実行することになります。



それでは、実際に人工授精を行うという場合について、
お話していきましょう。


まず、事前検査をする必要があります。

そのためには、男性の精子が妊娠可能であることを、
確認する必要があるのです。


その上で、人工授精を実際に行うことが決まったら、
次は、女性に排卵誘発剤を使って、
受精できる成熟卵子を複数個排卵させるのです。


このとき、排卵誘発の方法は、
不妊の原因とか、母体の健康状態などを、
医師が判断することになります。


飲み薬の場合もあるでしょうし、
あるいは、注射で行う場合もありまし、
薬の量も、それぞれに判断されるのです。


男性は、院内の決められた場所で、
精子を自分で採取することになります。


採取された精子は、いよいよ培養液で運動力などを高める処理をした後に、
母体である女性の子宮に、直接注入されます。


直接注入することで、
精子は膣内から子宮まで自力で泳ぐ必要がなくなります。

それで、受精率が高くなることになります。


以上、大まかな人工授精の流れになります。


最後まで、ありがとうございました。


スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。