不妊克服子宝成就TOP ≫  体外受精 ≫  体外受精のスケジュールとは?

体外受精のスケジュールとは?

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

子供が欲しいと思っても、子供ができない、
と悩んでいるご夫婦も多いことでしょう。


不妊に関する情報を、お伝えしています。

今回は、体外受精をするまでの流れをお伝えしていきましょう。

では、実際に体外受精をするシミュレーションをしてみましょう。


まずは、排卵誘発をします。

自然の排卵では、通常一個しか卵子はないのですが、
妊娠する確立を高めるために、
排卵誘発剤をしようして、複数の卵子を採卵できるようにします。


次に、採卵ということになります。

指定された日時に、病院で採卵を行います。
そして、状態の良い卵子を培養液の中で成熟させます。


そして、次は採精ということになります。

採卵と同時に、男性の精子を採取して、
元気な精子を選び出さなければなりません。


次は、いよいよ受精ということになります。

元気な精子と状態の良い卵子を、
専用の容器で混ぜ合わせて、自然に近い状態で受精させるのです。

しかし、体外受精では、
受精率は6割〜7割程度になっています。


次に胚移植ということになります。

受精して卵が順調に分割して、
良好胚した場合は、良質なものを選び子宮内に移植をします。

このとき、多胚妊娠を避けるために、
良質なものがたとえ複数あったとしても、
一般的に、3個程度に抑えます。


そして、着床となります。

受精卵が子宮の内膜に順調に着床していれば、
胚移植後に、二週間経過すると妊娠が確認できます。


このとき、もしも妊娠反応が陰性となった場合でも、
続けて採卵することはしないで、
休息を一ヶ月程度とります。


大まかなスケジュールはこのようになっていますが、
病院によって、様々ではあります。

一応の参考にしてください。


体外受精というものは、女性の体に負担がかかります。
そして、時間的にも拘束されてしまいます。


男性側も、女性をフォローしてあげる心遣いが必要になるのはもちろんでしょう。


最後まで、ありがとうございました。
スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。