不妊克服子宝成就TOP ≫  体外受精 ≫  体外受精の安全性とリスクについて

体外受精の安全性とリスクについて

スポンサードリンク
ご訪問ありがとうございます。

不妊に悩むご夫婦もいらっしゃいますね。

不妊に関する情報をお伝えしています。


今回は、体外受精にリスクはあるの?
ということで、お送りしましょう。


体外受精をお考えのご夫婦もいらっしゃるかと思いますが、
体外受精に関することで、誰しも不安に思うのは、
費用の面はもちろんですが、安全なのか?リスクはないのか?
ということだろうと、思います。


体外受精の安全性、リスクの面で調べてみました。


体外受精は、1978年にイギリスで世界最初の、
体外受精によって、妊娠が成功しました。

続いて、日本では、
1985年に初めて、体外受精に成功することができたのです。


体外受精の歴史は、まだ30年足らずのことですから、
安全性が100パーセント確認されているわけではないのです。



そして、リスクという点については、
「多胎妊娠」が一番大きなリスクでしょう。


妊娠の可能性を少しでも高めようとして、
受精卵を多く子宮に戻してしまうことが、原因なのです。

しかし、こうしたリスクがあるからと、
子宮に戻す受精卵の個数を減らしてしまうと、
妊娠の確立が低くなってしまうのです。


こうした多胎妊娠のリスクについては、
医師とも良く相談することが、大事になってくるでしょう。


体外受精のリスクとしては、このほかにも、
卵巣過剰刺激症候群、子宮外妊娠というように、
母体への負担があります。

そして、体外受精は自然妊娠に比べると、
流産の確立が、少し高いと言われていますね。


しかし、実際問題として、
体外受精を行う方は、妊娠しにくい体質であったり、
高齢出産だとか、何らかの問題を抱えているケースが多いですよね。

ですから、統計としてこうした結果がでてしまう、
ということも、考えられるわけです。


体外受精を検討なさるのであれば、
確率だけではなく、安全性やリスクに関しても、
医師と良く相談して、夫婦間でも慎重に話し合う必要があるでしょう。


最後まで、ありがとうございました。
スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。