不妊克服子宝成就TOP ≫  体外受精 ≫  体外受精と人工授精の違いは?

体外受精と人工授精の違いは?

スポンサードリンク
いつもありがとうございます。

子供が欲しいと思っても、子供ができない。

そういった悩みをお持ちの、ご夫婦もいらっしゃいます。

そうした、不妊に関する情報をお伝えしています。

今回は、体外受精と人工授精について、
お送りしていきましょう。


ところで、体外受精と人工授精に違いって、
お分かりになりますか?

よくわからない、という方が大半ではないでしょうか。


では、体外受精についてお話しましょう。

体外受精は、女性の体外で受精させる不妊治療法になります。

かつては、試験管ベイビーともいわれていましたが、
耳にしたことがある方も、いらっしゃると思います。


この体外受精というのは、
女性の卵巣から採った卵子を、
男性の精子を取り出して、専用の容器で受精させるものです。

その後、受精が確認されたら、
女性の子宮内に戻して、子宮に着床するのを待つのです。


こうした、体外受精を希望される方は、
両方の卵管が閉塞しているとか
乏精子症、精子無力症などといった、主に精子に原因がある、
不妊症のケースが、多いようです。




人工授精に関して、お話しましょう。


人工授精に関しては、
男性の体から取り出した精子を、
カテーテルで女性の子宮に直接注入し、
妊娠させる不妊治療法、になります。


この、人工授精には二種類あります。

夫の精子を使って行う人工授精。「配偶者間人工授精(AIH)」と、
他人の精子を使って行う人工授精、「非配偶者間人工授精(AID)」
の、二通りです。


このうち、非配偶者間人工授精を選択するケースは、
夫の無精子症などが原因で起こる、不妊症の場合です。


人工授精を選択するケースとしては、
男性の精子が少ないとか、タイミング療法がうまくいかない、
といった場合に、多いのです。


この人工授精で妊娠する可能性としては、
4回以内に妊娠する確率は、90%を越えます。

これを、目安として考えるといいでしょう。


この人工授精で妊娠できなかったときに、
体外受精という、次のステップに移るケースが多いようです。


以上、体外受精と人工授精について、
お送りしました。


最後まで、ありがとうございました。
スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 不妊克服子宝成就. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。